ちいさい おしろ
晴れ ときどき 曇り。 日記 ときどき バイク

天気 転機 ノーテンキ

生活環境が大きく変わることになり…
日々バタバタ。

夏にかなり不要品を処分したと思ったけれど…まだまだ出てくるなぁ。
今回は何でも欲しい!と言ってくれる人が身近にいるので、会う度にせっせと渡してる。
子供(孫)が使うものから食べ物、衣類、細々した雑貨。アイロン台でとりあえず最後かな。

お世話になった大好きな近所の図書館、本(切り絵のものが大半)やCDを寄贈。
図書館で誰かに貸し出しされるのか、リサイクル会で出されるのか…分からないけれど、引き取ってもらえて良かった。
私の気持ち的にも。

リサイクルショップにも行った。
ほとんど二足三文。ブランド品なんて持ってないからなぁ。
でもゴミに出すよりはいいや。

価値観が変わって手放すことになったもの。
深く考えずに買って結局使わなかったもの。
いろんな思いや過去の自分と向き合いながら…

これからも色々なものを手に入れたり、手放したりしていくんだろう。

自分らしく居心地よく
そんな場所を求めて

期待と不安と…寂しさと。
決めたのは自分。
前向いて進んでこー!


いつでも何かあったら言って、
ってコトバをかけてくれる人がいる。
嬉しいなぁ。
ありがたいな。
感謝のココロを忘れずにいよう。

また「ただいま」って帰れる場所が一つ増えた、って。


ありがとう




スポンサーサイト

本棚かホーム画面か、不用品か

本棚を見るとその人がどんな人か分かるという。
ある人はスマホのホーム画面で、自己分析をしていた。

部屋の片付けをしながら、不用品やゴミを見ても、その人がどんな人か分かるんじゃないかと思った。
カードゲームだと場に出したカードで手持ちの札を想像したりする。
まぁカードはどんな種類があるか分かるから出来ることだけど。

昔は必要だった(と思う)けれど、今は要らなくなったもの。
価値観が変わったことにより手放すことにしたもの。
捨てるに捨てられず、ズルズルと持っていたもの。
壊れたり古くなって使えないもの。

まぁあるわあるわ。
ゴミ袋の山が出来る。

ゴミの日に出す。
地区の廃品回収に出す。
要る人にあげる。
まだまだ沢山残っている。

大きな引っ越しを経験した時に、大量に本を処分した経験から、今回は本はほとんどない。
新しく増えた、切り絵関係の本はどうしようかな…好きそうな人に声かけようかな。
寄付という選択肢もあるみたいだ。あとは地元の図書館に寄贈を受け付けているか聞いてみようかな。

本以外の紙のもの。
紙袋、包装紙、新聞、折り紙、画用紙、ノート…
そんなものをやたら溜め込んでいた。
まぁもともと好きなのもある。
100円ショップに行けばつい折り紙コーナーをチェックしてしまうし。
包装紙はデザインが面白い、と捨てられないし。
新聞も気になる広告があると残してたり。

全部は手放さない。手放せない。
もう要らないかな、と、思うものだけ 。

物が少なくスッキリした暮らしに憧れるけれど、ある程度の物にも囲まれていたいのかな。
必要なものだけ、好きなものだけ持つという生活に憧れるけど、うっかり「いらないんだけど、あったら楽しい」ものを増やしちゃうんだな、これが。


今年初のセミを確認

あつい。朝からとっても。
昨日も蒸し暑かった。
今朝は家の外でセミの鳴き声を今年初めて聞いた。

あー夏なんだ、って。

気づけば6月が終わってるし。
バイクも全然乗れてないし。
次の休みに晴れたらヒマワリ見に行こう。

隣の芝生は青い、か

008_201605172008366c4.jpg

今年はやっぱり島づいてる。
とある晴れた日、船に乗って「仙酔島」上陸。

016_20160517200837d1d.jpg

ふとしたキッカケで盛り上がった3人で。
船を降り海岸沿いにてくてく歩く。
俳句を趣味にしている人に話しかけられたり。。

パワースポット、らしい。
目指して歩く…ハイキング…だんだん山っぽくなっていく
運動不足の身には堪える。

まるい木漏れ日
不思議で見上げてみる。

023_201605172008417cb.jpg

もみじの緑の葉が綺麗で

秋の紅葉シーズン以外は赤くないんだ、緑の時期もあるんだ
って当たり前のことに今さら気づいたり

022.jpg

歩きながら(道中もだけど)いろんな話をする。
違う立場や立ち位置の私たち。

「充実してて羨ましい」

へ?それって私のこと?
そう見えるのかー

それぞれに「いいなぁ」と思う暮らしをしている相手の口から出た言葉。
そっか「隣の芝生は青い」ってこういうことか。。

034_2016051720093020f.jpg

歩いて渡れそう…
もう少し元気があれば渡ってた。

山から海岸に降りてきた。
賑やかになってきた。
「観光鯛網」が始まるんだ。

043.jpg

鯛網、空腹に負ける(笑)
再び船に乗って(約5分!)、今度は鞆の浦(とものうら)をぶらぶら散策。

あっ

055.jpg

ぽーにょぽにょぽにょ…

058.jpg

そうか。映画の舞台になったって

鞆の町中は道が狭くて、なんかグネグネしてる。
歩いてまわるのが正解かな。

ちらほら猫の姿
最近では珍しい気がする。誰かに飼われているのしか見ない。

051_2016051720101063a.jpg

仙酔島。楽しいけど歩きやすい靴で行く必要あり、だ


凹んだときは

もやもや。後悔。失敗。

まっすぐ家に帰る気になれなくて
本屋に寄り道。

どれ、っていう目的もなく
あっちの棚、こっちの棚、雑誌や本を手に取る人をこっそり観察したり

文房具コーナーまでチェックして
ちょっと気分が変わって
家に帰る。
さーて。どうすっかなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。