ちいさい おしろ
晴れ ときどき 曇り。 日記 ときどき バイク

本棚かホーム画面か、不用品か

本棚を見るとその人がどんな人か分かるという。
ある人はスマホのホーム画面で、自己分析をしていた。

部屋の片付けをしながら、不用品やゴミを見ても、その人がどんな人か分かるんじゃないかと思った。
カードゲームだと場に出したカードで手持ちの札を想像したりする。
まぁカードはどんな種類があるか分かるから出来ることだけど。

昔は必要だった(と思う)けれど、今は要らなくなったもの。
価値観が変わったことにより手放すことにしたもの。
捨てるに捨てられず、ズルズルと持っていたもの。
壊れたり古くなって使えないもの。

まぁあるわあるわ。
ゴミ袋の山が出来る。

ゴミの日に出す。
地区の廃品回収に出す。
要る人にあげる。
まだまだ沢山残っている。

大きな引っ越しを経験した時に、大量に本を処分した経験から、今回は本はほとんどない。
新しく増えた、切り絵関係の本はどうしようかな…好きそうな人に声かけようかな。
寄付という選択肢もあるみたいだ。あとは地元の図書館に寄贈を受け付けているか聞いてみようかな。

本以外の紙のもの。
紙袋、包装紙、新聞、折り紙、画用紙、ノート…
そんなものをやたら溜め込んでいた。
まぁもともと好きなのもある。
100円ショップに行けばつい折り紙コーナーをチェックしてしまうし。
包装紙はデザインが面白い、と捨てられないし。
新聞も気になる広告があると残してたり。

全部は手放さない。手放せない。
もう要らないかな、と、思うものだけ 。

物が少なくスッキリした暮らしに憧れるけれど、ある程度の物にも囲まれていたいのかな。
必要なものだけ、好きなものだけ持つという生活に憧れるけど、うっかり「いらないんだけど、あったら楽しい」ものを増やしちゃうんだな、これが。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。