ちいさい おしろ
晴れ ときどき 曇り。 日記 ときどき バイク

走れ!ビスコ その後

その後、って私の勝手な(小説「走れ!ビスコ)への)感想。
一応の?ハッピーエンドを迎えたわけですが。…なんか違うよな。なんだろ。


スイカに塩をほんの少し。余計に甘味が際立つ。


もしかしたら。ゆりちゃんって言う強烈キャラのお陰で、ビスコが引き立てられた?


あらすじ紹介再び。ビスコは新入社員。憧れの総合職につくも待っていたのは意地悪な先輩と多忙な毎日。がむしゃらに頑張る内に少しずつ道が開け…


そんな主人公ビスコと対照的な同期入社のりっちゃん。どんどん認められていくビスコと違い、何をやらせてもダメ。ダメダメダメ。周りに大迷惑をかけても平気。何故かビスコにはライバル心を燃やし…


りっちゃんはすごい。行く先々で上司を、女のチカラで味方につけようとする。若さ。嘘泣き。手作り弁当。飲み会で席を離れる度に短くなるスカート(爆)ありとあらゆる手を使い、相手の一番弱いところを突く。その労力を仕事に向けたら…とため息混じりに言われるほど。


…まんまやん。コツコツ真面目に地道に働いているのに報われない人はいっぱいいる。なんで上司は分からないんだろ?って。その横でゴマスリだけが上手く美味しいとこ取りで出世していく人達もいて。


りっちゃんになればいい。ある意味割り切って。したたかに。たくましく。友情や良心なんてものは幻覚だと。不要だと切り捨てて。


でも欲しいものは何なんだろう?


誰かの大切なものだから奪いたいだけ。本心から欲しいわけじゃない。他人の不幸を悲しむ姿を見たいだけ?


りっちゃんは自分でも何を探しているのか、何が欲しいのか分かっていないのかもしれない。だからキリがない。次から次にうつろうだけ。ただ先々を目指すだけ。。


餓鬼。食べても食べても満たされない飢えを抱えて地獄で生きる。同じ?


物語の中で最初はびーびー泣いてただけのりっちゃん。最後は誰が主役か分からないくらい、物語の中心にいた。走れ!ビスコ、って(タイトルは)実はりっちゃんの命令の声だったりして。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lv819.blog.fc2.com/tb.php/95-202f2fe4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。